【シミ解消】美白美容液ランキング!あなたに合う美白液おすすめ7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミやソバカス、肝斑などに効果的にアプローチしてくれる美白美容液アイテムをランキング形式で一挙大公開!美白美容液を使っている人は多いですが「効果があるのかないのか、イマイチ実感できない」という声も少なくありません。より高い美白効果を望むなら、美白美容液の選び方を今一度見直してみましょう!あなたに合う美白美容液の選び方、美白美容液をより効果的に使うためのコツ、使用上の気をつけたいポイント、さらに効果的に美白アイテムを使うための日常生活の注意点をまとめました。

シミやソバカス、肝斑などに効果的にアプローチしてくれる美白美容液アイテムをランキング形式で一挙大公開!美白美容液を使っている人は多いですが「効果があるのかないのか、イマイチ実感できない」という声も少なくありません。より高い美白効果を望むなら、美白美容液の選び方を今一度見直してみましょう!あなたに合う美白美容液の選び方、美白美容液をより効果的に使うためのコツ、使用上の気をつけたいポイント、さらに効果的に美白アイテムを使うための日常生活の注意点をまとめました。

美白美容液おすすめランキング決定版

「シミやソバカスが気になる」「シミやソバカスを増やしたくない」こんな悩みを解決に導く美白美容液。

でも、選び方を間違えると、シミが濃くなる、シミが増える、など肌の悩みを助長する可能性があるというのは知っていますか?

かくいう私、20代の頃は美容部員として働いていたにもかかわらず、ドラッグストアで一番安い美白美容液を購入し、肌の突っ張りに驚いたことがあります。しかも全く効き目を感じられないという……。

美白美容液の選び方のポイントは、含まれている成分をしっかりと確認する、ということに尽きます。

選び方のポイントをチェックして、あなたにピッタリな美白美容液を見つけましょう!

美白美容液の失敗しない選び方

美白美容液は、内容量数mlで1万円以上するアイテムもザラ。高いからこそ失敗したくないと思いますよね?ここでは失敗しない選び方のポイントを解説します!

科学的根拠のある美白成分で選ぶ

科学的根拠のある美白成分を選ぶのが美白の一番の近道。科学的根拠がある、と厚生労働省で効果が認められた美白成分もあります。美白成分を確認していきましょう!

ハイドロキノン

シミの原因となるメラニンの生成を抑え、さらにメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)自体を減少させる成分として注目されています。

アルブチン

ハイドロキノンとブドウ糖が結合したハイドロキノン配糖体。メラニン色素の合成を抑制する効果が確認されている、厚生労働省が認可している美白成分です。

ビタミンC誘導体

ビタミンCにはシミの抑制、コラーゲンの生成、ターンオーバーの正常化を促す作用があります。肌への浸透性を高めるために加工を加え、扱いやすく改良したのがビタミンC誘導体です。

トラネキサム酸

肝斑のシミ改善に効果が高いことから、注目されるようになった美容成分。メラニンが作られる前段階でメラノサイトの動きを鈍らせ、シミや肝斑の発生を未然に防ぎます。

カモミラET

メラニンを生成する司令伝達物質「エンドセリン」をブロックすることでシミのできにくい肌に変えていきます。炎症による色素沈殿、くすみ、乾燥に対しても改善効果が期待できます。

プラセンタエキス

肌のメラニン色素を増やす物質、チロシナーゼの働きを抑制しメラニン色素の産生を防ぎます。また、新陳代謝を活発にし活性酸素を除去する働きによって、肌の濃い色素を排出する作用もあります。

ルシノール

ポーラ化粧品が開発し、厚生労働省の認可を受けた美白成分。シベリアモミの木の含有成分にから抽出した天然由来の美白成分。メラニンを黒色化させるチロシナーゼをブロックする作用があり、シミの予防に効果的です。

ナイアシンアミド

メラノソームの働きを抑える作用があり、メラニンが表皮細胞に受け渡されることをブロックしてくれるので、シミやソバカスの表面化を抑制します。さらに、肌のターンオーバーを正常化する作用もあり、古い色素の排出を助けます。

成分濃度(刺激の強弱)で選ぶ

美白に有効とされる成分は、高配合で成分濃度が高ければ高いほど、早く効果を実感できます。

ただ、効果が高いぶん、刺激が強いので、敏感肌の人は要注意です。肌荒れや肌の突っ張り、赤み、ニキビなど肌トラブルになってしまうこともあります。

逆に、美白の有効成分の濃度が低いものは、肌にはマイルドですが、効果が表れるまでに時間がかかることがあります。

求める効果と、肌の状態によって適した美白美容液は異なります。高濃度のものを使うときは、量を控えめにし、肌荒れなど肌トラブルがないか、経過をよく観察しながら使用量を決めていきましょう。

浸透力で選ぶ

イマドキの美容液は最新の浸透テクノロジーを採用し「悩みに有効成分が直接届く処方」となっているものがとても多いです。

いくらシミやソバカスに効くとされる成分が高配合でも、シミの原因となっている皮下のメラノサイトに届かなければ、ハッキリ言って意味がありません。

成分と同じくらいしっかりとチェックしたいのが浸透力です。

【カプセル化】

角質の隙間を通り抜けられるくらいの小さなカプセルに、美白に有効な成分を閉じ込めてメラノサイトに直接届ける手法。

有名なのはリポソームの浸透技術で、カプセルを何層にも重ね、少しずつカプセルが壊れることで、長時間有効成分がシミに働きかけて効果を発揮します。

【ナノ化】

ナノ化は衣類洗剤に使われている技術ということで、知っている人も多いかもしれませんね。成分をナノレベルまで低分子化することで、肌の奥まで有効成分が届けます。

【浸透促進剤】

美白有効成分と一緒に浸透促進剤を配合することで、肌の奥のメラノサイトに有効成分を届けます。エチレンオキシド、プロピレンオキシド、プチレンオキシドなどが浸透促進剤にあたります。

手にとった美白美容液に、リポソーム、ナノカプセル、浸透促進剤にあたる表記があれば、浸透テクノロジーを使った美容液であることが分かります。

一つ一つじっくり試して選ぶ

美白成分はたくさんあり、メーカーによって配合が異なります。自分の肌との相性は最終的にはいろいろ試してみないと分かりません。

ただ、いろいろ試すにしても、成分濃度の高いアイテムを複数使用して肌荒れを起こしてしまった場合、どの美容液と相性が悪いのか判断ができませんので、一つ一つ検証しながらじっくり試しましょう。

また、効果が高いと言われる美白美容液でも効果を実感できるようになるには時間がかかります。肌トラブルがなくても20代までは1ヶ月30代以上は2ヶ月は継続して使ってみましょう。

美白美容液は高額なことが多いですが、その分、各メーカーでお得に試すことができるトライアルセットが充実しています。

気になるメーカーのトライアルセットをいくつか取り寄せて比較検討してみましょう!きっとあなたにぴったりの美白美容液が見つかりますよ。

【効果順】美白美容液ランキング7

美白美容液としておすすめしたい上位7位までをランキングで紹介!

  • 美白成分の濃度と浸透力のバランス
  • 口コミ評価
  • メーカーの信頼性
  • 健康への配慮
  • 購入後の保証

これらの選考基準をもとに、各アイテムを詳細にリサーチし、総合評価しました。

1位:ビーグレン

(公式サイトより引用)

  • 商品名:QuSomeホワイトエッセンス
  • 評価:★★★★★98点
  • 価格:5,400円
  • 内容量:15ml
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

浸透圧の高いQuSome化したアルブチン(ハイドロキノン誘導体)を高濃度配合した、ブライトニング美容液の決定版。

紫外線を浴びることで起こるメラニン色素の合成をブロックし、肌をしっかりと守り、ワントーン明るい透明感のある肌へと導きます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

2位:POLA ホワイトショットSXS

(公式サイトより)

  • 商品名:ホワイトショットSXS
  • 評価:★★★★★95点
  • 価格:12,960円
  • 内容量:20g
  • メーカー:株式会社ポーラ

肌との親和性の高いm-シューター配合のエマルションが、美白有効成分ルシノールやm-Aクリアエキス、SCリキッド、クリアノールなどを角質層の奥まで届けシミやソバカスを予防します。

また、肌にピタリと密着し、長時間、皮膚にホワイト膜を形成します。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

3位:アンプルール

(公式サイトより引用)

  • 商品名:ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
  • 評価:★★★★★92点
  • 価格:10,800円
  • 内容量:11ml
  • メーカー:株式会社ハイサイド・コーポレーション

アンプルールは、皮膚科専門医が開発を手がけた「ドクターズコスメ」。

アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンを高密度に配合。さらに、ハイドロキノンをマイクロカプセル化することに成功し、シミの原因により深くアプローチすることが可能。

シミの原因であるメラニンを作り出すメラノソームに有効成分が働きかけ、今あるシミにアプローチすると共に、新たなシミを作らせない画期的な美容液です。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

4位:アスタリフト 美白トライアル

(公式サイトより引用)

  • 商品名:アスタリフトホワイト美白トライアルキット
  • 評価:★★★★★91点
  • 価格:1,000円
  • 内容量:ブライトローション18mL/エッセンス インフィルト5mL/クリーム5g/パーフェクトUVクリアソリューション5g/ジェリー アクアリスタ0.5g×10包
  • メーカー:株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー

富士フィルムが写真フィルムのナノ技術を応用して開発したスキンケアシリーズは、高い浸透力に定評があります

メラニンの生成を抑制し、シミやソバカスを予防する効果の高いビタミンC誘導体アルブチンを配合。ピッタリと吸い付くようなテクスチャでシミに強力アプローチします。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

5位:サエル トライアルセット

(公式サイトより引用)

  • 商品名:サエル薬用美白ケア じっくり試せる10日間トライアルセット
  • 評価:★★★★☆89点
  • 価格:1,480円
  • 内容量:薬用美白化粧水20ml・薬用美白美容液10ml・薬用美白クリーム9g・CCクリーム1回分
  • メーカー:ポーラオルビスグループ

美白スキンケアアイテムを使うと肌荒れしてしまう、という敏感肌のために開発された低刺激の薬用美白スキンケアシリーズ。

美白成分のアルブチンがシミやソバカスの原因メラニン色素の生成を抑え、肝斑の対策にも有効とされる抗炎症有効成分トラネキサム酸がメラノサイトの働きを抑制してシミを作らせません。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

6位:資生堂 HAKU メラノフォーカス3D

(Amazonより)

  • 商品名:HAKU メラノフォーカスV
  • 評価:★★★★☆87点
  • 価格:10,800円
  • 内容量:45g
  • メーカー:株式会社資生堂

「シミの記憶をゼロ化」を謳う資生堂の美白シリーズ。

シミの根本原因に、美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)とm-トラネキサム酸がアプローチし、シミの連鎖を強力にブロック!

密着→浸透→保湿のスリーステップで、潤いのある美白美肌へと変えていきます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

7位:オルビスユー ホワイトシリーズ

(公式サイトより)

  • 商品名:オルビスユー ホワイトシリーズ
  • 評価:★★★★☆86点
  • 価格:8.465円
  • 内容量:ホワイト ジェリーウォッシュ120g/ホワイトローション180ml/ホワイトナイトモイスチャー30g/ホワイトニングBBナチュラルミニサイズ少量
  • メーカー:オルビス株式会社

美白とエイジングケアができると人気のホワイトシリーズ。

シミを生成するメラニンが過剰に肌内部に蓄積される年齢肌の悩みを、美白成分トラネキサム酸アルブチンがしっかりとケア。

さらに保湿成分ベニバナエキス、エイジングケアに有効なW.H.アミノシールドが肌のバリア機能をサポートします。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

@コスメの人気美白美容液ランキング

圧倒的な口コミ数とリアルユーザーの公平な口コミが寄せられることで、多くの女性から厚い信頼を得ている@コスメ。

新しいスキンケアグッズを試す時は@コスメは要チェック!@コスメ上での美白美容液の評価、口コミ件数、注目人数、をリサーチしランキングにまとめました。

1位:キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス

(公式サイトより引用)

  • 商品名:キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス
  • 評価:★★★★★96点
  • 価格:7,200円/10,000円
  • 内容量:30ml/50ml
  • メーカー:日本ロレアル株式会社キールズ事業部

浸透性の高い次世代活性型ビタミンCを配合し、シミの元メラニンに直接働きかけ、できてしまったシミを粉砕!さらに新たなメラニン生成を強力にブロックします。

肌を紫外線などのダメージから守るピオニーエキス、保湿力の高いホワイトバーチ配合で、肌を整え明るく透明感のある美肌へ導きます。

>>公式サイトはこちら

2位:無印良品 敏感肌用薬用美白美容液

(公式サイトより引用)

  • 商品名:敏感肌用薬用美白美容液
  • 評価:★★★★★92点
  • 価格:1,390円
  • 内容量:50ml
  • メーカー:株式会社良品計画

コスパ最強でやっぱり人気の無印。惜しみなく使えるという点で絶大な支持を得ています。リーズナブルながら、ベースとなる水に釜石の天然水を使用し、シミ対策に効果の高いビタミンC誘導体を配合!敏感肌でもトラブルがなかった、潤う、という声も多数ありました。

>>公式サイトはこちら

3位:ちふれ 美白美容液 W

(公式サイトより引用)

  • 商品名:美白美容液 W
  • 評価:★★★★☆89点
  • 価格:1,100円
  • 内容量:30ml
  • メーカー :株式会社ちふれ

大型スーパーやドラッグストアなど、どこででも手に入る手軽さとクオリティの高さ、リーズナブルな価格で、幅広い年齢層の女性に愛され続けるちふれ。ちふれの美白の特化した美容液は今大注目!

アルブチン安定型ビタミンC誘導体のダブル配合で、シミにダイレクトにアプローチ。シミやくすみのない明るい肌へ導きます。

>>公式サイトはこちら

4位:アルビオン ホワイトフィラー クリエイター

(公式サイトより引用)

  • 商品名:ホワイトフィラー クリエイター
  • 評価:★★★★☆87点
  • 価格:3,000円
  • 内容量:30g
  • メーカー:株式会社アルビオン

肌に乗せるだけで、なめらかで透明感のある美肌をつくり美白効果も高い美容液兼メイクアップベースです。

トラネキサム酸配合で、日中に浴びる紫外線から肌をしっかりとガード!メラニンの生成を抑え、シミやソバカスをしっかりと防ぎます。

>>公式サイトはこちら

5位:イプサ ホワイトプロセス エッセンス OP

(公式サイトより引用)

  • 商品名NEW ホワイトプロセス エッセンス OP
  • 評価★★★★☆85点
  • 価格6,480円/12,960円
  • 内容量:20ml/50ml
  • メーカー株式会社イプサ

「美白に対する確かな手応えが欲しい!」という女性に支持されているイプサの美白美容液。

美白有効成分m-トラネキサム酸4MSK4-メトキシサリチル酸カリウム塩)配合しメラニンの生成をブロック。

さらに、JMコンプレックスIII(ルムプヤンエキス、ウコンエキス、オリーブ葉エキス、

セイヨウサンザシエキス、紅茶エキス、濃グリセリン)配合で、肌に潤いを与え、紫外線のダメージを受けにくい健やかな肌へと変えていきます。

>>公式サイトはこちら

相乗効果のある美白ケアランキング

日常生活で紫外線から肌をガードするために気をつけたいポイントをランキングにまとめました。ポイントをおさえれば、相乗効果でさらに美白美容液の効果は高まりますよ!

1位:日光をできるだけ避ける

基本的なことですが、日光を極力避けることがシミを作らないためには重要なポイントです。

紫外線量の少ない朝や夕方に外出の用事を済ませ、紫外線量の多い日中はなるべく屋内で過ごすことも1つの方法です。

また、外出時は日傘をさす、日焼け止めを塗るなどして、紫外線からしっかりと肌をガードすることも忘れないようにしましょう。

日焼け止め+美白美容液でダブルケアする場合は、先に美容液を塗って肌に美白成分をしっかりと浸透させ、時間を置いてから日焼け止めを塗ることで紫外線ブロック効果はさらに高まりますよ。

2位:美白薬を飲む

外側からだけでなく、内側からのアプローチもプラスすることでさらに美白効果は高まります。オススメ医薬品を2つ紹介しますね!

キミエホワイト

(公式サイトより引用)

  • 商品名:キミエホワイトプラス
  • 成分:L-システイン・アスコルピン酸(ビタミンC)・パントテン酸カルシウム

シミやソバカスを体の内側からケアできる医薬品です。シミ対策に有効なL-システインを従来品の50%増量で配合。メラニンの生成を抑える+今あるシミを無色化するダブルの働きでシミをノックアウトします。

また、パントテン酸カルシウムがターンオーバー周期を整え、肌の生まれ変わりをサポートします。

>>公式サイトはこちら

ロスミンローヤル

  • 商品名:女性用保健薬ロスミンローヤル
  • シミとシワに有効な成分:ローヤルゼリー・L-システイン・グリチルリチン酸一アンモニウム・アスコルビン酸(ビタミンC)・トウキ末 ・ビタミンE散・シャクヤク末・リボフラビン(ビタミンB2)・ニコチン酸アミド・パントテン酸カルシウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ハンゲ末・ニンジン末

生薬を含む22種類もの有効成分を配合し、国内で唯一シミとシワのケアができる医薬品です。

シワやシミを作らせないアプローチを体の内側から行うことで、年齢を感じさせない若々しい肌作りをサポートします。

>>公式サイトはこちら

3位:20分昼寝をする

20分の昼寝は脳の活性化や記憶力の向上、集中力の持続に効果が高いと注目されていますが、実は、肌のダメージ回復にも効果的!

昼寝中に分泌される「成長ホルモン」はコラーゲンを生成するため、日中に紫外線を浴びた肌がダメージからすみやかに回復し、ハリやツヤを短時間で取り戻すことができます。

さらにダメージの修復を行うことで、起床後も紫外線のダメージに負けない肌を作ることができます。

ただ、20分以上寝てしまうと、夜の寝付きが悪くなったり睡眠の質が下がってしまうことも……。20分~30分程度を目安に昼寝を取り入れてみましょう。

4位:呼吸を意識する

ストレスがかかると血行が悪くなり肌のターンオーバーも乱れやすくなるので、紫外線や刺激からのダメージを受けやすく、シミもできやすくなってしまいます。

ストレスを手軽にうまく発散させる方法を知っておくと、肌はもちろん生活全体が活性化し、イキイキと日々を送ることができますね。

一番簡単で、どこででもできるストレス解消法に呼吸法があります。

リラックスした状態で、深く息を吸って吐く、を何度か繰り返すだけでもストレスは大幅に軽減されますよ。

おへそのすぐ下にある「丹田」に意識を集中し、腹式呼吸を心がけてみましょう。

5位:屋内で運動をする

適度な運動は肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーサイクルを整えてくれるのでおすすめ!シミは肌のターンオーバーが鈍くなって色素が追い出されずに留まっている状態なので、肌の新陳代謝を上げることがシミ対策には有効です。

屋外での運動では、どうしても紫外線をたっぷりと浴びてしまいますので、日差しのない屋内の環境下での運動がいいですね。

スポーツジムや屋内スイミング、ヨガやピラティスなど興味のある屋内スポーツにチャレンジしてみましょう。

赤ちゃんみたいな肌って言われました

美白美容液を極めるべく30歳から試行錯誤して苦節5年、いろいろ失敗もありましたが、今はササッとシミ予防をするくらいでスキンケアは完了。コンシーラーを使ってシミを隠す必要もなくなって薄付きメイクで充分です。

でも、ここまでたどり着くまでには、本当にたくさんの美白美容液を試しました。

全くきかなかったもの、肌荒れしてしまったもの、シミが目立たなくなったもの、といろんなアイテムがありましたが、今ではシミがほとんど目立たないためか「赤ちゃんみいたいな肌」って周囲から言われます。

顔にシミがあると年齢以上に老け込んで見えてしまうことも……。美白は継続が何より大切なので、あなたも今すぐ美白ケアにとりかかり、赤ちゃん肌を目指してくださいね!

 

※美白とはメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*