超有効成分ハイドロキノンとは?シミに効く理由からおすすめ商品まで大紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイドロキノンはほんとうに高い効果が期待できるのでしょうか?また副作用の危険性はないのでしょうか?一般的に効果が高いといわれていますが、なぜシミに効果的なのか、そもそもシミはどうしてできるのか、きちんと理解している人は少ないはず。そこでこの記事では、シミの原因とハイドロキノンの作用をわかりやすく教えます。ハイドロキノンを使う際の注意点や、安全性の高いおすすめの商品も知っておけばさらに安心ですね。正しい方法でハイドロキノンを使って、シミの悩みとさよならしましょう。

ハイドロキノンはほんとうに高い効果が期待できるのでしょうか?また副作用の危険性はないのでしょうか?一般的に効果が高いといわれていますが、なぜシミに効果的なのか、そもそもシミはどうしてできるのか、きちんと理解している人は少ないはず。そこでこの記事では、シミの原因とハイドロキノンの作用をわかりやすく教えます。ハイドロキノンを使う際の注意点や、安全性の高いおすすめの商品も知っておけばさらに安心ですね。正しい方法でハイドロキノンを使って、シミの悩みとさよならしましょう。

対シミ最強成分のハイドロキノンを徹底解説!

ハイドロキノンといえば、強力な美白成分として有名ですよね。シミの原因となる色素を分解することで、肌を白く導きます。

しかしハイドロキノンが美白成分だということ以外、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、ハイドロキノンのメカニズムや美白作用、また副作用について詳細に解説していきます。

ハイドロキノンについて正しく知り、上手に使って美しい肌を手に入れましょう。

ハイドロキノンとは

そもそもハイドロキノンとはどんな成分なのでしょうか。

自然に存在する成分

ハイドロキノンという名前から、なんとなく人工的に作られた成分であるという印象があるのではないでしょうか。

しかし実は、非常に身近な物質です。微量ではありますが、イチゴやブルーベリー、麦芽、コーヒー、紅茶などに含まれています。

強い還元剤!

ハイドロキノンは、強い還元力を持つことで知られています。この還元力について理解するために、まずは酸化還元反応について知っておきましょう。

酸化還元反応は化学反応の一つです。たとえば、鉄を放置しておけばだんだん錆びていきますよね。これは鉄が空気中の酸素と反応して酸化した、という酸化還元反応なのです。

また、紙や燃料を燃やすと二酸化炭素が発生します。これはそれらに含まれる炭素が酸化したからなのです。

実はこの酸化反応は、身近ないたるところで起きています。シミが生成するのも、この酸化反応によるものです。

つまり、シミを抑制しようと思ったら、酸化反応を抑えなくてはならないのです。そして、酸化反応を抑えるのが、還元反応です。

この二つは真逆の反応です。酸化反応したものをそっくりそのまま戻すのが還元反応です。錆びた鉄を還元反応させることができれば、綺麗な鉄に戻るのです。

そしてその還元反応を起こす力が強力なのがハイドロキノンというわけです。

シミができるしくみ

ハイドロキノンの還元力がどのようにしてシミにアプローチするのか?それを知るために、シミのメカニズムを理解しておきましょう。

紫外線にチロシナーゼが反応する

紫外線は肌にとってダメージです。肌は紫外線を浴びると、なんとかして自分を守るためにさまざまな働きをします。

その一つが、チロシナーゼ(チロシン酸化酵素とも呼ぶ)の活性化。チロシナーゼという酵素が、肌を守るために動き出すのです。

メラノソーム内でメラニンが生成する

チロシナーゼは、メラノソームという袋状の構造物のなかで働きます。メラノソームは、メラノサイトという細胞のなかにあります。

少しイメージしにくいかもしれませんが、メラノソームは細胞のなかにある工場のような場所だと考えましょう。

このメラノソームという工場のなかで働く従業員の一人が、先ほど登場したチロシナーゼです。紫外線を浴びたことで、この酵素は活動状態になっています。

このチロシナーゼは工場内でチロシンというアミノ酸を酸化し、メラニンに変換するのです。

黒色メラニンが生成する

紫外線を浴びた肌がチロシナーゼを活性化し、その結果メラニンが生成した、というのがここまでの流れです。

ではなぜ、紫外線を浴びた肌はメラニンを生み出すのか。それは、メラニンが肌のダメージを肩代わりしてくれるからです。

紫外線を浴びたとき肌にとってなにがダメージになるかというと、活性酸素との反応です。

鉄が酸素と結びついて(酸化して)錆びるのと同様、この活性酸素は肌の細胞と結びつき、老化させます。

そこで肌細胞が活性酸素によって老化させられないように、メラニンが身代わりになるのです。

メラニンは身代わりとして活性酸素と反応し、酸化してしまいます。そうして役目を終えたメラニンが、黒いシミ(黒色メラニン)として肌に残るのです。

このメラニンの量が少量であれば単なる日焼けになるのですが、多いとシミとして肌に沈着するのです。

ここまでの流れをかんたんに整理しましょう。

  1. 肌は紫外線を浴びると、チロシナーゼを活性化
  2. チロシナーゼはチロシンを酸化し、メラニンを生成
  3. メラニンは活性酸素から肌細胞を守るために身代わりになって酸化され、肌に沈着
  4. これがくり返されると、シミができる

メラニンと聞くとシミの原因になる悪者といった印象がありますが、実は肌細胞が傷つかないように身代わりになってくれている物質だったのです。

とはいえ、シミができるのは困りますよね。そこで注目されたのが、上のメカニズムで登場した2つの酸化反応です。

チロシンが酸化されてメラニンになる酸化反応と、メラニンが活性酸素により酸化されて沈着する酸化反応を、ハイドロキノンの還元作用で抑制してしまおうということなのです。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンがシミに作用するポイントは3つあります。

  • チロシナーゼの抑制
  • メラノサイトの減少
  • メラニンの還元

シミを作ろうとするチロシナーゼを抑える

チロシナーゼはチロシンを酸化し、メラニンを生成します。ハイドロキノンは還元力によって、その酸化反応を抑制するのです。その結果メラニンの生成量は減少し、シミができにくくなります。

シミを作るメラノサイトを減らす

さらにハイドロキノンは、メラノサイトを減少させます。

メラノサイトのなかには、チロシナーゼがメラニンを作るための工場であるメラノソームがあることを先ほど解説しました。

その工場を保有する細胞ごと減少させてしまうので、結果的にシミを減らすことになります。

メラニンそのものを還元して消す!

できてしまったメラニンを還元する効果も期待できます。黒色メラニンは2段階の酸化反応を経て作られるものですから、真逆の方向の反応である還元反応を行えば、酸化が起きる前の状態に戻ってしまうのです。

そのため、ハイドロキノンはすでにできてしまったシミへの効果も期待できます。

このようにハイドロキノンは、メラニンが沈着するまでの3つの過程に作用し、その働きを抑制するのです。

ハイドロキノンのほかにもシミに効果が期待できる物質はありますが、3点同時にアプローチできるものはないでしょう。

シミの種類に注意!

とはいえ、ハイドロキノンの万能ではありません。以下のようなシミには効果が期待できないといわれています。

  • 脂漏性角化症
  • 真皮性のシミ

脂漏性角化症とは、シミの沈着がくり返されて皮膚そのものが変化してしまったタイプのシミです。単に黒い、あるいは茶色いだけでなく、隆起しているなどの変化が見られたら、脂漏性角化症の可能性が高いでしょう。

また真皮性のシミは、太田母斑などが代表的です。太田母斑は普通のシミとはメカニズムが違い、発症原因がよくわかっていません。

このように一部効果が期待できないシミが存在することも知っておきましょう。

ハイドロキノンの副作用

高い効果が期待できるものの、そのぶん副作用もあります。間違った使い方をしないようによく確認しておきましょう。

紫外線は絶対注意!

ハイドロキノンは強い還元力を持っています。強い還元力があるというのは、還元反応という種類の化学反応を起こしやすい、という意味です。つまりちょっとした刺激で化学反応を起こしてしまうということ。

ハイドロキノンを付けたまま紫外線を浴びると、その紫外線の刺激によってハイドロキノンは化学反応を起こします。有毒な物質を生み出し、肌を荒れさせてしまうのです。

この有毒な物質が肌に触れると、肌は自分を守るためにメラニンを生成します。その結果、メラニン対策にハイドロキノンを使ったのに、かえってメラニンが増えるという事態になるのです。

ハイドロキノンを付けたときは極力外出しないようにし、もしする場合は必ず日焼け止めを念入りに塗りましょう。

屋内にいるときも紫外線を浴びているので、日中にハイドロキノンを使う場合は屋内でも日焼け止めを使用し、可能な限りハイドロキノンは夜使うようにしましょう。

症状が出た場合は即中止!

紫外線に注意していても、赤みや炎症といった症状が起きることがあります。肌に合わないか、あるいは量が多かったことなどが考えられますが、このような症状が見られたらすぐに使用を中止しましょう。

含有パーセントに注意!

ハイドロキノンを配合した商品を使う際には、配合量に注意しましょう。ハイドロキノンは正しく使っていれば安全ですが、間違った使い方をすると害をもたらします。

とくにこの量を間違うと、発がんの恐れもあるので注意しましょう。

一般的にハイドロキノンの含有量は2%程度です。このくらいを目安にしましょう。

なかには5%近い量が配合しているものもありますが、このくらいの濃度になると医師から指導を受けながら慎重に使ったほうが良いでしょう。

それ以上の量が配合されているものもありますが、基本的に自己判断で使わないようにしましょう。非常に危険性が高いです。

ハイドロキノンを皮膚科で処方してもらう

ハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらったものを使うようにしましょう。それが最も安全です。

保険は適用外

保険が効かないので、そのぶん価格は高額になります。しかし処方してもらう以外の方法でも基本的に高額です。

それならば病院で処方してもらい、専門家の指導を受けながら使えるほうが良いでしょう。

値段の相場

ハイドロキノンクリームは5gで2,500円程度です。一か月で使用する量が5gくらいなので、月々の費用が2,500円程度だと把握しておきましょう。

とはいえ、これはシミが局所的にできている場合です。さらに広範囲のシミを一度に改善しようとすると、そのぶん費用は高くなるので注意しましょう。

診察代も別にかかる

必要な費用はクリーム代だけではありません。ハイドロキノンの価格はどこの病院で処方されても基本的に同じですが、診察代に関してはクリニックごとに大きく異なります。

あらかじめ診察代を調べていくことをおすすめします。

高濃度のクリームを処方してもらえる!

病院で処方してもらうと、効果の高い高濃度のクリームを処方してもらえます。

もちろん濃度が高くなるぶん副作用のリスクも上がるので、医師の指示を守ったうえで使うことが大切です。

安心感が最大のメリット!

医師に処方してもらうと、診察代がかかるぶん高くなります。しかし症状に合った濃度のクリームを処方してもらえ、正しい使用方法も指導してもらえます。

このような安心感が、病院で処方してもらう最大のメリットといえるでしょう。

ハイドロキノンを市販で入手する

市販で入手するという方法もあります。医師に処方してもらうのに比べるとリスクが高いので、使用するときには慎重に行いましょう。

濃度には注意!

先ほども触れましたが、濃度には気をつけましょう。2%が目安です。

それ以上のものは効果も高くなりますが、リスクも高くなるので要注意です。

お試しセットを活用しよう!

市販されているハイドロキノンのなかには、お試しセットがあるものもあります。その場合はお試しセットを活用し、自分の肌に合うのかどうかたしかめましょう。

お試しセットは価格も安いことが多く、なにより一度試すことで安全性を確認できるのでおすすめです。

Amazonなどの通販は要注意!

大手通販サイトでも販売されていることがありますが、あまり信頼できません。とくに海外製物であれば、日本とは違った基準で作られている可能性があります。

品質の悪いものを買わないように注意することが大切です。

おすすめのハイドロキノンクリームはビーグレン!

(公式サイトより)

QuSomeホワイトクリーム1.9

  • 価格:6,480円
  • 内容量:15g
  • 濃度:1.9%

濃度が1.9%なので、比較的安全に使用できます。内容量も15gで6,480円なのは価格的にも妥当といえるでしょう。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

高い安全性

濃度が1.9%であることに加え、ビーグレン独自の技術で低刺激になったクリームです。肌が敏感な人にもおすすめのクリームです。

圧倒的効果

濃度は低いものの、QuSomeと呼ばれる独自技術で浸透性を高くしています。皮膚になじみやすいように、皮脂に近い成分のカプセルにハイドロキノンを閉じ込めているのです。

少量でもしっかり肌の奥に届くので、高い効果が期待できます。ほんとうに必要な部分に成分が届くので、早く効果を実感したい人にもおすすめです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

口コミ

実際にクリームを使った人の声を見てみましょう。

「使い始めて1ヵ月くらいから顔色が明るくなったように感じました」

「とても軽いテクスチャーなのも使いやすくて気に入ってます」

「以前使っていたクリームよりもだいぶくすみやしみが薄くなって、ファンデの映え方まで変わってきました」

1か月くらいで効果を実感したという声が多くみられました。また使い心地が良いという意見も多いようです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

お試しキットが超おすすめ!

(公式サイトより)

一番気になるのは、自分の肌に合うのかどうか、効果は実感できるのかどうかですよね。

そこでおすすめなのが、お試しキットです!ハイドロキノンが初めての人でも使いやすいセット内容になっています。

複数の商品を試せる

ビーグレンのセットには以下の5つが入っています。

  • クレイウォッシュ(15g)
  • QuSomeローション(20mL)
  • Cセラム(5mL)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

このうちハイドロキノンが配合されているのはホワイトクリーム1.9ですが、そのほかの商品もシミ対策におすすめ。

たとえばCセラムは高濃度のビタミンCを配合。独自技術QuSomeによって浸透力を高め、シミに直接アプローチします。

もちろんシミ対策成分だけでなく、保湿成分がたっぷり含まれた化粧水や、毛穴の汚れをすっきりと洗い流してくれる洗顔料も魅力的です。

低価格

このセットの価格ですが、なんと1,800円です。ハイドロキノンを配合したクリーム5gがセット内容に含まれ、かつほかの商品も試せるのに1,800円というのは、破格の値段といえるでしょう。

返金保証が充実

さらに返金保証も充実しています。一般的に返金保証というと購入してから一週間以内であるとか、長くても一か月以内という期限があるのですが、ビーグレンの返金保証はなんと365日です。

期限に慌てること無く、自分の肌に合うのかどうかをじっくりと試すことができるのです。

ハイドロキノンを試してみたいけど、肌に合うのかどうか不安、という人におすすめです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

使い方

QuSomeホワイトクリーム1.9の使い方を見ていきましょう。

  1. パール1~2粒大を手に取る
  2. 額・あご・両頬・鼻に軽くつける
  3. 顔の内側から外側に向かって伸ばす
  4. ハンドプレスで優しく浸透させる

ハイドロキノンは紫外線に反応するので、必ず夜に使ってくださいね。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

ハイドロキノンでシミとおさらば!

以上、シミができる原因やハイドロキノンの作用メカニズム、そしておすすめの商品を紹介しました。

ハイドロキノンはシミが生成する過程に強く働きかけ、高い効果が期待できます。その反面、正しく使わないと副作用が起きる危険性もあります。

ハイドロキノンを使う際には、使用方法をよく守って、その効果を最大限に引き出しましょう。

※美白とはメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*