できてしまったシミを消す方法全部教えます!シミとさよなら間違いなし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミを消す方法は実はたくさんあります。市販の化粧品や口コミで評判のクリームなど、いろいろ試しても改善する気配がなく諦めていませんか?たしかにシミはかんたんには治らないものですが、改善方法はあります。食事やサプリメントから栄養を摂ったり、ハイドロキノンのような強い美白成分を配合したクリームを使ったり、あるいは効果の保証された医薬品を使うという手もあります。この記事では、シミの予防やできてしまったシミの改善方法を完全網羅。あこがれの美肌を諦めることなく、できる限りの手を尽くして理想の肌を実現しましょう。

シミを消す方法は実はたくさんあります。市販の化粧品や口コミで評判のクリームなど、いろいろ試しても改善する気配がなく諦めていませんか?たしかにシミはかんたんには治らないものですが、改善方法はあります。食事やサプリメントから栄養を摂ったり、ハイドロキノンのような強い美白成分を配合したクリームを使ったり、あるいは効果の保証された医薬品を使うという手もあります。この記事では、シミの予防やできてしまったシミの改善方法を完全網羅。あこがれの美肌を諦めることなく、できる限りの手を尽くして理想の肌を実現しましょう。

できてしまったシミを消す方法全部教えます!

一度できてしまったシミはどうにもならないと諦めていませんか?しかし、シミを消すための方法はいろいろあります。

そこでこの記事では、シミを消す方法を徹底網羅しました。ひとつの方法がうまくいかなくても、いくつか試せばきっと効果がある方法が見つかるはずです。

あなたのシミの正体は?

ひとくちにシミといっても、いろいろな種類があります。その種類に合った対処法が必要です。

ただ、そばかすに関しては事情が異なります。そばかすは遺伝性のものなので、シミと同じようにクリームで改善することは難しいのです。レーザーで治療する必要があります。

それ以外のシミであれば、クリームを使えば改善が見込めますよ。

日光性黒子(老人性色素斑)

一般的にシミといえば、これを指すことが多いです。紫外線を浴びることでメラニンが蓄積し、シミになります。顔や腕、手の甲にできることが多いのが特徴です。

炎症性色素沈着

肌に炎症が起き、そこに色素が沈着した状態です。ニキビ跡や虫刺され、傷跡がシミになった場合、これに該当します。

肝斑(かんぱん)

女性に多いシミで、妊娠や経口避妊薬によって症状が現れることから、女性ホルモンが原因ではないかといわれています。しかし具体的な原因は不明です。頬骨のあたりに左右対称にできるのも特徴です。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは遺伝によるものが多いといわれています。しかし紫外線を浴びると悪化することもあるので要注意です。

シミが消える食事を意識する

シミに良い栄養素を含んだ食品があります。それらを積極的に摂りましょう。ただもちろん、偏ってはいけません。バランスよく食べないと健康に良くありませんし、肌も荒れるでしょう。

美肌を目指すためにシミを消したいのに、栄養の偏りで肌が荒れては意味がありません。

バランスよく食べつつシミに良い食材を取り入れることで、シミの予防や軽減が期待できます。

ビタミンA・C・Eを含む食材

ビタミンAは肌の新陳代謝を促します。肌のターンオーバーを促進し、シミを追い出しましょう。

また、ビタミンCやEには抗酸化作用があります。メラニンが酸化を起こすことで沈着するので、抗酸化作用でメラニンの沈着を防ぎましょう。

これらの栄養は、以下の食材に多く含まれています。

<ビタミンA>

  • カボチャ
  • ニンジン
  • ホウレンソウ

<ビタミンC>

  • パプリカ
  • イチゴ
  • ブロッコリー

<ビタミンE>

  • アーモンド
  • アボカド
  • イワシ

アスタキサンチンを含む食材

アスタキサンチンはビタミンEの1,000倍の抗酸化作用があるといわれています。アスタキサンチンを含む食材はあまり多くないので、意識的に摂るようにしましょう。

  • エビ
  • イクラ

オメガ3系脂肪酸を含む食材

ビタミンAと同じように、ターンオーバーを促進する働きがあります。以下のような食材に含まれる栄養です。

  • マグロ
  • ホウレンソウ

サプリメントでシミ消し成分をとる

上記で紹介したもの以外にも、シミ消しにおすすめの栄養はあります。しかし食事から充分量を摂取するのはなかなか難しいのが現状です。

そこで、サプリメントで摂取すべきシミ消し成分を紹介します。

L-システイン

L-システインはシミの生成メカニズムに作用します。黒色メラニンを作る原因であるチロシナーゼの働きを止め、色素の沈着を防ぐのです。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は炎症を抑える効果のほか、シミを抑制する効果があります。メラニンの生成を促すプロスタグランジンという物質の働きを抑制することで、シミを防ぎます。

プラセンタエキス

プラセンタはL-システインと同様、チロシナーゼの働きを抑制します。また肌のターンオーバーを促し、できてしまったシミの排出を促進します。

メイクでシミを消す

根本的なシミの改善にはなりませんが、メイクで隠すという方法があります。コンシーラーだけで隠すよりも、ファンデーションやフェイスパウダーもうまく組み合わせたほうが効果的です。

  1. ファンデーションを選ぶ
  2. コンシーラーで重ねて隠す
  3. フェイスパウダーで仕上げ

ファンデーションはリキッドあるいはクリームタイプのものを選び、シミの部分を含めしっかりカバーします。

それでも気になるシミはコンシーラーで隠し、その上にフェイスパウダーを使いましょうパウダーでコンシーラーを密着させ、自然に見えるようにします。

ついコンシーラーだけで隠してしまいがちですが、ファンデーションとフェイスパウダーを使うことでより仕上がりがきれいになるでしょう。

ただ先ほども述べたように、これは根本的なシミの改善ではありません。

美白クリームなどの化粧品でシミを消す

続いて紹介するのは、美白クリームによるシミの改善です。化粧品を上手に使い、体の外側からシミを改善していきましょう。

ハイドロキノン成分が圧倒的におすすめ!

美白成分を配合した化粧品は数多くありますが、そのなかでもハイドロキノンがおすすめです。ハイドロキノンはシミが発生する過程に幅広くアプローチします。シミを作る原因そのものに働きかけ、抑制するのです。

また、予防できるだけではありません。できてしまったシミにも強い還元作用で働きかけ、改善効果が期待できます。

ハイドロキノンのほかにもシミの改善に効果的な成分はありますが、現在のところハイドロキノン以上の効果が期待できる成分はないといっても過言ではありません。

本気でシミを改善するクリームを選ぶのであれば、ハイドロキノンが配合されたものを選ぶことをおすすめします。

>>ハイドロキノンについて詳しくはこちら!

ハイドロキノンクリームのなかでもビーグレンがおすすめ!

なハイドロキノンを配合したクリームのなかでも、とくにおすすめはビーグレンです。

ビーグレンは独自のQuSomeという技術で、本来肌になじみにくいハイドロキノンを肌の奥まで浸透させることを実現しました。

お試しセットや返金保証が充実しているので、初めてハイドロキノンを試したいという人にはとくにおすすめです。

>>ビーグレンについて詳しくはこちら!

シミを消す薬を飲む

薬で治療するという方法もあります。サプリメントではなく医薬品です。体の内側からシミを改善していきましょう。

効果が保証されている!

医薬品の強みは、効果があることがわかっているところです。サプリメントはあくまで栄養を補充するだけなので、人によって効果の程度が大きく異なります。

しかし医薬品はその症状を治療する目的で作られていて、その効果は厚生労働省によって保証されています。保証されたからこそ、医薬品を名乗れるのです。

もちろん症状や体質で効果の程度に差はあるかもしれませんが、確実な改善方法と言えるでしょう。

おすすめのシミ消し医薬品はロスミンローヤル!

シミに効果的な医薬品はいくつかありますが、ここで紹介するるのはロスミンローヤルという薬です。

即効性のある薬ではありませんが、比較的優しいので妊婦さんでも使うことができる、安全な薬です。サプリメントより高い効果が欲しいけれど副作用が怖い、医薬品は抵抗がある、という人にもおすすめです。

>>ロスミンローヤルについて詳しくはこちら!

レーザー治療でシミを消す

レーザー治療は、最も高い効果が期待できるシミ治療法です。どんなシミでもほぼ解決可能です。ただし費用が掛かりますし、なにより手術ということで体への負担も心配です。ほかのシミ改善手段をすべて試したうえで検討すべき、最終手段といえるでしょう。

シミを消すためにできることからやっていこう!

今回は、シミを改善するための方法をまとめました。

日常的にできる食生活の改善から、サプリメントや美白クリームの使用、そして医薬品やレーザー治療など、幅広い選択肢があります。

まずは、かんたんにできることから試しましょう。食事の改善だけではなかなかシミは治らないかもしれませんが、美白クリームを一緒に使うなどすれば、相乗的に高い効果が現れることもあります。

シミは治らないものだと諦めずに、できる限りのことを試して理想の美しい肌を手に入れましょう!

※美白とはメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*