シミに効く美容液人気ランキングTOP3!3つの予防効果で肌を白く美しくする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクでうまく隠せないそのシミに効く成分、知りたいですよね。一般的にシミに効くといわれる化粧品やサプリでも、商品によって特徴的な成分は異なります。それぞれの特徴を把握したうえで選ぶことが大切です。この記事では主要な成分の特徴について説明するとともに、シミに効くと口コミで評判の美容液を3つ厳選。さらに、あわせて使うと相乗効果が期待できるサプリメントも選出しました。本当にシミに効く商品を選ぶことができるように成分のことを詳しく知り、日々のスキンケアに活かしましょう!

メイクでうまく隠せないそのシミに効く成分、知りたいですよね。一般的にシミに効くといわれる化粧品やサプリでも、商品によって特徴的な成分は異なります。それぞれの特徴を把握したうえで選ぶことが大切です。この記事では主要な成分の特徴について説明するとともに、シミに効くと口コミで評判の美容液を3つ厳選。さらに、あわせて使うと相乗効果が期待できるサプリメントも選出しました。本当にシミに効く商品を選ぶことができるように成分のことを詳しく知り、日々のスキンケアに活かしましょう!

シミに効く・防ぐ効果的成分を調査

シミに効く成分とは、具体的にどのような成分のことなのでしょうか。実はいろいろな成分があり、ターンオーバーを促進する効果やメラニン生成を抑制する効果など、成分によって期待できる効果は異なるのです。

そこでこの記事では、シミ対策成分を徹底調査。数ある成分の特徴を分析し、本当におすすめできる美白美容液をピックアップしました。

美白美容液がシミに効く3つの理由

美白美容液の成分がどうしてシミに効果的なのか、見ていきましょう。

乾燥を防いで潤いを与える

肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、古い角質がうまく排出されないくなり、結果的にシミも排出されにくくなります。保湿をすることで、それを防ぐのです。

そのため保湿が重要!これはシミ対策に限らず、肌のコンディションを保つうえで必要なものです。

美白成分がメラニンの生成を抑える

美白成分でシミの生成を抑えつつ、ターンオーバーで古いシミを排出するのが、基本的なシミケア方法です。美白美容液には、このメラニンの生成を抑制する美白成分がたくさん配合されています。メラニンが発生する過程に働きかけ、その作用を止めるのです。

ターンオーバーを促す

潤いを与えるほかにも、ターンオーバーを促す方法はあります。例えばプラセンタはアミノ酸やタンパク質などの栄養を豊富に含み、ターンオーバー正常化の効果があるといわれています。美白美容液で保湿成分とともにこれらの成分を肌に与えることで、より高い効果が期待できるでしょう。

シミ予防美容液人気ランキングTOP3

では早速、シミ予防におすすめの美容液TOP3を紹介します。

【第1位】ビーグレン

薬学博士が開発した化粧品。本来は肌に浸透しづらい成分を特殊な技術で浸透しやすくしているのが特徴です。

<悪い口コミ>

まだ使って3日ですがとにかく肌が突っ張る!!

引用:@cosme

 

どれが原因かわからないのですがにおいが苦手です…

おそらくQuSomeホワイトクリーム1.9?だと思うのですが、つけると顔がずっとくさい…

引用:@cosme

肌が突っ張るという意見や、匂いが苦手という意見が見られました。使用感については好みの分かれる部分かもしれませんね。

<良い口コミ>

ホワイトクリームとモイスチャーリッチクリームは、少量でいいのに肌がふっくら蘇ります

引用:@cosme

 

トライアルだけで、楕円形に広がった毛穴がキュっとしまり、化粧のりが全然違います。

引用:@cosme

 

まだ使って一週間も経ってないのですが、できたばかりのシミが薄くなりました!!

引用:@cosme

シミが薄くなったという意見の他に、肌がふっくらした、化粧乗りが良くなったという嬉しい声が見られました。

<基本情報>

価格 1,800円
内容量
  • クレイウォッシュ(15g)
  • QuSomeローション(20mL)
  • Cセラム(5mL)
  • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
成分 ハイドロキノンなど
特徴 独自技術のQuSomeで高浸透

ハイドロキノンはシミに高い効果が期待できる成分であるものの、浸透しづらいのが弱点です。しかしビーグレンなら、QuSome技術によって浸透性を高めているので、肌の奥のシミにアプローチできるのです。

トライアルセットなら5種類の商品が試せて1,800円なうえ、365日返金保証付き。手軽にお得に試すことができます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【第2位】POLA ホワイトショットSXS

(公式サイトより引用)

人が本来持つ、肌の美白を保つ力に焦点を当てた商品。ポーラ独自配合の成分で、体に眠る力を呼び覚まします。

<悪い口コミ>

このWhite Shotというロゴの大きさと配置と余白のセンスの無さ(笑)

私はタイポグラフィーには煩いです。このロゴは全体的に安っぽく弱々しいしインパクトが足りない。

引用:@cosme

 

少しお値段もお高く感じます

引用:@cosme

ロゴや価格に対する厳しい意見が見られました。

<良い口コミ>

サラサラでもなくトロトロでもない丁度良いクリーム

引用:@cosme

 

においも気になることなく使えて、使いやすい感覚を受けています。

引用:@cosme

 

使い始めて、約1ヶ月ほど経ったのですが、効果を感じるのが本当に早い!!

日に日に、シミが薄くなっているような気がするんです。

引用:@cosme

1か月で効果を実感できたという声のほかに、使用感や匂いが良いという意見が見られました。

<基本情報>

価格 12,000円
内容量 20g
成分 ルシノール、クリアノールなど
特徴 過脂化メラニンにアプローチ

メラニンの生成を抑制するとともに、しつこいシミになってしまった過脂化メラニンにもアプローチ。肌がもつメラニン分解機能を助け、シミに対処していきます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【第3位】アンプルール

新安定型ハイドロキノンの力で、シミが気になる部分に集中ケア。しつこい部分にピンポイントで使うことができるのが魅力です。

<悪い口コミ>

1日で効果を感じるということは私には全然ありませんでした。

引用:@cosme

 

面倒くさがりの私にはもっとシンプルケアの方が向いているようです。

引用:@cosme

もっと即効性が欲しい、手間をかけたくないという声が見られました。

<良い口コミ>

3日間ほど使用したら、少しシミが薄くなった気がしたので、使用をやめたらどうなると実験。

せっかく薄くなりはじめたシミたちが、現状維持になりました。

やっぱりアンプルールが効いてる可能性大!

引用:@cosme

 

こちらの化粧水はすっと浸透していく感じでべたつきもなく、使いやすかったです。

引用:@cosme

 

若干、肌が敏感なこともあり「刺激がないか」が心配でしたが大丈夫でした。

全ての商品において、塗り心地がよかったです。

引用:@cosme

<基本情報>

価格 1,890円
内容量
  • スポット集中美容液:3ml
  • 化粧水:20ml
  • 薬用美白美容液:8g
  • 薬用乳液ゲル:10g
  • メイク落とし:パウチ2包
  • 洗顔料:パウチ2包
成分 安定型ハイドロキノンなど
特徴 シミにピンポイントで使える

トライアルセットは上の6種類の商品をすべて試すことができます。特筆すべきはスポット集中美容液。気になるシミにピンポイントで塗って寝れば、一晩中そのシミを攻撃してくれるのです。悩みの種になっているしつこいシミにこそ使ってほしい商品です。

またトライアルセットを購入すると、次回の購入が1,000円引きになるなどの特典もあります。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

美容液と併用!シミに効くサプリ

美容液で体の外側からシミに対処すると同時に、サプリで内側からもケアするのがおすすめです。

ホワイトショット インナーロック IXS

(公式サイトより引用)

ポーラのビューティサプリメント。飲むベイベリーと呼ばれるヤマモモの樹皮やローズマリーから抽出したエキスを配合。独自の成分配合で、メラニンの量の調節を助けます。

<悪い口コミ>

飲んだからと言って劇的に肌が白くなる訳では無い。

なので、高いからと言って、飲んですぐ真っ白にしてくれるんでしょ!!!と思ってる人には絶対にオススメしません。

引用:@cosme

 

けっこうお高い

引用:@cosme

即効性がない、価格が高いという意見が見られました。

<良い口コミ>

これを飲んだ日は何だか肌に透明感が出て、白くなったように感じる。

引用:@cosme

 

手もかなり白くなってきたし顔もお肌のキメが、細かく整ってきたようです

引用:@cosme

 

久しぶりにお伺いした他のブランドのカウンターで、肌が以前より明るくなったとおっしゃっていただきました。

引用:@cosme

少しずつ効果を実感してきたという意見が非常に多くみられました。

<基本情報>

価格 6,200円
内容量 60粒
成分 ベイベリーバークエキスなど
特徴 1日2粒飲むだけで美白ケア

体の中のメラニンの量を調節するアライブクリア機能をサポート。植物由来の成分を多数配合し、体の内側から透明感ある肌を目指します。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

マスターホワイト

プロテオグリカンやエラスチン、セラミド、各種ビタミンなど、美肌に欠かせない成分をギュッと濃縮。濃密な栄養の塊を摂取することができます。

<悪い口コミ>

やや苦味があります

引用:@cosme

 

1粒のサイズは約9mmほどで少し大きく感じました

引用:@cosme

粒の大きさや味がマイナスポイントのようです。

<良い口コミ>

自分のすっぴん写メを整理していたら、肌の透明感がある時期からぜんっぜん違って、この時期何を使ってたんだろうかと振り返ってみたらこのサプリを飲んでいた期間。 あまりの違いように我ながらビックリ。

引用:@cosme

 

飲み始めてから3週間経ちましたが、会う人々に肌が白いねといわれるようになりました!

引用:@cosme

 

飲む時間に決まりがないので自分のペースで続けやすいです^^

引用:@cosme

効果を実感したという声が多かったほか、続けやすいという意見もみられました。

<基本情報>

価格 10,800円
内容量 120粒
成分 プロテオグリカン、セラミドなど
特徴 多種類の栄養をバランスよく摂取できる

非常に多くの種類の栄養をこれ一つで摂取することができます。忙しくて栄養バランスの取れた食事がおろそかになりがちな人にもおすすめ。初回は6,480円で購入することができます。いまなら薬用美白オイルバームもついてきます。

>>公式サイトはこちら

シミ予防・改善に役立つ美容成分

続いて、具体的にシミ予防・改善に役立つ成分の特徴を解説します。

アルブチン

ハイドロキノンに近い構造を持った物質です。期待できる効果もハイドロキノンと同じ美白効果ですが、強さはややマイルドであるといわれています。

ハイドロキノンと同じように、メラニンの生成を行うチロシナーゼという酵素の働きを阻害することで、メラニンの生成を抑制します。

注意点として、白斑が生じる副作用があります。これもハイドロキノンと同じです。ただし効果がマイルドな分、副作用も穏やかな傾向にあります。

どちらの成分も、量に気をつけて使用しましょう。

L-システイン

代謝を促す働きと、抗酸化作用があるといわれています。

まず、代謝を促進することでターンオーバーを正常化させます。これにより、肌のシミを排出しやすくするのです。

また、抗酸化作用はシミの予防に効果的です。シミは酸化を受けることでシミとして沈着するので、それを防ぐことでシミ予防効果をもたらします。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体にも抗酸化作用やターンオーバーを正常化効果があります。これらの効果は通常のビタミンCがもっているものですが、ビタミンCはそのままでは肌に浸透しづらいため、誘導体にすることで浸透性を高めています。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種です。トラネキサム酸はとくにシミの中でも、肝斑に対して効果を発揮するといわれています。

メラニンの生成には、プラスミンという酵素が関わっています。このプラスミンの働きを阻害することで、シミを防ぐのです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは非常に強い美白効果がある成分です。強い還元作用で酸化したメラニンにアプローチするとともに、メラニンを作るメラノサイトを減少させます。

効果が強い分、副作用も考えられます。肌の一部が白くなる白斑が生じたり、発がん性も指摘されています。

ハイドロキノンを含む商品を使う場合は、濃度の低いものを使用しましょう。2%以上のものは、医師の指導のもとで使いましょう。

消えない!シミができる原因を調査

ひとくちにシミといってもいくつかの種類があり、それぞれには異なる原因があるのです。

原因 スキンケアでの改善
肝斑 女性ホルモン
老人性色素斑 紫外線、加齢
炎症性色素沈着 ニキビや傷による炎症
そばかす 遺伝的要因
花弁状色素斑 強い紫外線
脂漏性角化症 加齢 ×
遅発性両側性太田母斑 不明 ×
摩擦黒皮症 摩擦刺激 ×

シミの種類のよってはスキンケアでの改善が難しいものもあります。そういったものは皮膚科で相談し、レーザー治療のような専門的治療で改善しましょう。

また化粧品によるスキンケアが可能なものでも、基本的に美白化粧品に期待できる効果は予防です。あらかじめできないように予防することが1番大切なのです。

シミを予防してスッピン美人になる

シミに効く成分の特徴やそれらを配合したおすすめの美容液、併用すると効果アップが見込めるサプリメント、そしてシミの種類について解説しました。

シミの改善に役立つ成分は、ほとんどが予防目的です。できてしまったシミにもある程度の効果は見込めるものの、やはりシミは最初から予防しておくのが最も確実!

できてしまったシミは長期的にケアをしつつ、これ以上増えないように肌のコンディションに気をつけましょう。

 

※美白とはメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*