しつこいシミを撃退するために!今すぐできるシミ対策アイテムを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少しでもシミが気になりだしたら、先延ばしせずにすぐにシミ対策を始めましょう。「とはいっても、何から始めればいいかわからない」、そんなときにはまずできてしまったシミを消すアイテムを手に入れましょう。上塗りをして隠すのではなく、じわじわと内側から作用させて戻していきます。ここではおすすめの美容液やクリームを厳選して取り上げます。それだけではなく、普段からできる日焼け止めなどの紫外線対策や、専門的なケアについても見ていきます。正しいケアを続けていくことで、しつこい敵を撃退しましょう!

少しでもシミが気になりだしたら、先延ばしせずにすぐにシミ対策を始めましょう。「とはいっても、何から始めればいいかわからない」、そんなときにはまずできてしまったシミを消すアイテムを手に入れましょう。上塗りをして隠すのではなく、じわじわと内側から作用させて戻していきます。ここではおすすめの美容液やクリームを厳選して取り上げます。それだけではなく、普段からできる日焼け止めなどの紫外線対策や、専門的なケアについても見ていきます。正しいケアを続けていくことで、しつこい敵を撃退しましょう!

できてしまったシミを消したい!

もしかして……シミかも。

いちどできてしまったシミは、鏡を見るたびに気になってしまいますし、外出するときもつい意識してしまいます。

「こんなことになるなら、しっかりシミ対策をしておけばよかった」と考えたくなるところですが、じつはこれからどんな対策をするかが分かれ道となってきます。

いまから適切なケアをすることで、しつこいシミを撃退することは可能ですし、新たなシミをシャットアウトできます。

今回は次のような点を見ていきます。

  • シミができる原因
  • シミ対策におすすめのアイテム
  • シミを増やさないためにすべきこと
  • シミがどうしても消えないときのケア

いまからできることを見極めて、上手に撃退することが大切です。

シミの原因は身近にある

そもそも、「なぜシミができてしまうのだろうか?」と気になったことはありませんか?

意外なことに、シミの原因は身近なところに潜んでいるのです。

紫外線が原因のシミ

「紫外線=悪いもの」というわけではありませんが、肌への影響を考えると、メラニン色素の生成を促進してしまうので、どうしても有害なものになってしまいます。

今日、紫外線を浴びてメラニンの生成が過剰になる……次の日も同じように紫外線を浴びて……の繰り返しによって、日光性黒子(老人性色素班)と呼ばれるシミができてしまいます。

シミの中で一番多いのがこの日光性黒子です。年齢を重ねていくにつれて濃くなることから、老人性色素班と呼ばれることもあります。日焼けをしたらかならずシミになるわけではありませんが、シミ対策をしていないと20代から日光性黒子が出てくることも珍しくありません。

繰り返される刺激が原因のシミ

日焼けを繰り返すことだけがシミの原因ではありません。物理的な刺激の繰り返しによってもシミができます。

洗顔などで肌を強くこするクセがある、刺激の強い化粧品の長期使用、毛抜きの使い過ぎなどで継続的に刺激が与えられると、肌は炎症によるダメージを回復させようとしてメラニンを過剰生産することがあります。

このメラニンに過剰生産によって、色素が沈着してシミになってしまうことがあり、これは炎症後色素沈着と呼ばれます。
この炎症後色素沈着は、パッと見るだけでは紫外線ダメージによるシミと見分けがつきません。しかし原因は大きく異なります。

遺伝が原因のシミ

わたしたちはさまざまなものを親から遺伝子という形で受け継ぎますが、その中にはシミも含まれます。これには、紫外線ダメージや刺激によるシミは含まれません。

遺伝子の影響を受けるシミとして一般的に知られているのはソバカスです。ソバカスの中でもとくに子どもの頃に見られるものには遺伝の影響が強くなっています。

年齢とホルモンバランスが原因のシミ

年齢とホルモンバランスの乱れによって女性に出るシミがあります。それが肝斑です。

肝斑の特徴

  • 頬骨に沿って左右対称にできる
  • 大きくて薄い褐色
  • 高齢者にはほとんどみられない

頬骨のライン以外にも、おでこや口の周りに出ることがあり、化粧では隠しにくい厄介なシミです。

一般的に女性ホルモンに関係して発症し、紫外線やレーザー治療などで悪化すると言われています。

この肝斑以外は、男性にもできる可能性があるシミです。男女ともに、シミ対策は欠かせません。

シミを増やさないためにできる事

偶然にまかせて何もせず、ただシミができるかどうか様子を見ているだけではいけません。シミを増やさないためには具体的な努力が求められます。

紫外線対策はしっかりと

まず欠かせないのは紫外線対策です。雨の日も曇りの日も、夏も冬も一年中対策を取るくらいの決意をしましょう。

効果的な日焼け対策

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 日傘をさす
  • ベースメイクを変える など

日に焼けることがなさそうに思える1日でも、思いもよらぬ展開で強い日差しを受けることがありますので、外出時にはかならずUVケアのできるクリーム等を使用します。

日傘や帽子、サングラスなど、その場に応じてふさわしいアイテムを使って紫外線を浴び続けないようにすることも大切です。

ベースメイク自体にSPF、PAの指数が表示されている場合があります。それらの化粧品を積極的に活用できます。

美白に必要な栄養たっぷりの食事

体の内側からもシミ対策ができます。この機会に、美白に必要な栄養素がどれか知って、食生活をアレンジしてみませんか?

シミ対策になる栄養素

  • ビタミンC
  • β-カロチン
  • セラミド
  • リコピン
  • L-システイン
  • ビタミンE
  • エラグ酸 など

ビタミンCは、アセロラやキウイフルーツ、みかんなどの果物や、パセリやブロッコリーなどの野菜類、めんたいこや青海苔などから摂取できます。

β-カロチンは、にんじんやかぼちゃ、ホウレン草など緑黄色野菜からたっぷり取れます。

セラミドを取るためには、米や小麦、大豆やこんにゃくなどが便利です。

リコピンといえばトマトですが、ほかにもスイカやグレープフルーツ、柿などの果物で補給できます。

L-システインを多く含むのは、牛肉など肉類です。それ以外にはオートミールやナッツ類など、朝食メニューで摂取できます。

ビタミンEは、アーモンドや落花生などナッツ類、植物油やアボカドを通して摂取できます。

エラグ酸というと耳なじみがないかもしれませんが、天然ポリフェノールの一種で、美白の助けになる貴重な栄養素です。補給するには、イチゴやブルーベリーなどベリー系の果物が最適です。

基本的には食事で補えるはずですが、不安な場合はサプリの助けを借りるのも1つの方法です。

見直すポイントはほかにもあります。別の視点で考えると、「シミの原因となりかねない食材や飲み物を避ける」ことも大切です。過剰なカフェイン、糖分、アルコールは、色素沈着やシワたるみなどを招く可能性があるので、どの程度用いるかよく考えてみるとよいでしょう。

週に一回のスペシャルケア

シミを作らないための努力は毎日できますが、週に一回はスペシャルなケアを企画してみるとよいです。

簡単なところでは美白パックを買ってきて使う、自宅でピーリング、ときどきエステでやってもらうなど、古い角質を取り除いてくすみを解消するケアも有効です。

気をつけていても肌へのダメージは蓄積されやすいので、その都度リセットすることが大切です。

シミが目立つようになってから慌てて何かをするよりも、予防を兼ねた取り組みのほうが何倍も効果的です。

おすすめシミ対策美容液3選

自宅で行うシミ対策に適している美容液は、これら3つです。

  • ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス
  • アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ II
  • POLA ホワイトショットSXS

ビーグレン QuSomeホワイトエッセンス

(公式サイトより)

  • 価格:5,400円
  • 内容量:15ml
  • メーカー:Beverly Glen Laboratories, Inc.
  • コスパ:△
  • 参考情報:公式サイトならトライアルセットあり、365日間返品・返金保証

クリアで透き通る肌を実現するためには、くすみやシミが邪魔になってしまいます。まずくすみとシミを取るために使いたいのがビーグレンの美容液です。

とにかく浸透が良いです。後から使うクリームの邪魔をしません。

(27歳)引用:@コスメ

左右頬の下のどんよりとした血行の悪い感じのくすみがなくなってきたと感じています。

(40代前半)引用:公式サイト

ライン使いしているので、単品の効果はよくわかりません。

(21歳)引用:@コスメ

安心して使用できて、効果実感もできたので、本当に良かった。

引用:独自調べ

くすみが取れて逆にシミが目立ってしまった……。

引用:独自調べ

ビーグレン独自の技術により可能になった圧倒的な浸透力には驚きを隠せません。

注目ポイント

  • 紫外線によるダメージを肌に残さないリセット力
  • 美白成分「ハイドロキノン」配合
  • 保湿力を高めるための厳選された成分を配合

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ II

(公式サイトより)

  • 価格:8,640円
  • 内容量:40ml
  • メーカー:ハイサイドコーポレーション
  • コスパ:〇
  • 参考情報:公式サイトならトライアルセットあり、定期購入10%オフ

内容量が少なくて高く感じるかもしれませんが、伸びが良くてコスパのいい美白美容液です。朝と晩に化粧水のあとに使うだけで、メラニンの生成を抑えながらクリアな素肌へと修復していきます。

1ヶ月位経つと顔全体的にトーンアップしました。

(35歳)引用:公式サイト

はっきりした美白と言うよりは、くすみが取れる様な気がします。

引用:Amazon

最初はちょっと高いかなーなんて思ったのですがとてもよく伸びるので、少量でよく夜のみ使用で3ヶ月はもつ実はコスパの良い美容液。

(31歳)引用:@コスメ

サラッとした感じです。実感はまだ分かりません。少しでも、シミが薄くなれば良いな。

(31歳)引用:楽天

伸びも良く、シミ予防もあって愛用しています。

(50歳)引用:@コスメ

一見、高く見えますが、コスパは◎なようですね。

注目ポイント

  • 独自技術の「アクティブホワイター」の威力で美白
  • 朝晩の使用で24時間体制の日焼け対策
  • ハイドロキノン誘導体で美白へと誘導

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

POLA ホワイトショットSXS

  • 価格:12,960円
  • 内容量:20g
  • メーカー:ポーラ
  • コスパ:△
  • 参考情報:朝晩の使用で約3か月使える

白くするというより、肌が本来持っている色目や力を引き出すための美白美容液です。

日に日に、シミが薄くなっているような気がするんです。

(30代)引用:voce

1本じゃ効果がわからない。コスパが悪すぎる。

(42歳)引用:@コスメ

使いやすさと伸びの良さ圧巻です。デザインもオシャレなので使用中も気分が良いです。

(30代)引用:公式サイト

気になるアラは隠れるけど、悪く言えば、白浮きするような感じ。

引用:独自調べ

くるくるとやさしくなじませると、肌にぴったりと密着します。

(33歳)引用:@コスメ

美容界で十分の経験と実績があるポーラのさまざまな技術が集結しているので、比較的早い段階で効果を実感できる人が多いようです。

注目ポイント

  • 肌表面にホワイト膜を作ることで紫外線等のダメージから守る
  • クロレラやアロエから抽出したオリジナルの美容成分を配合
  • 独自の美白成分「ルシノール」を使用

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

集中美白のシミ対策クリーム3選

これまでのケアに加えて集中的なシミ対策をするなら、次の3つのクリームがおすすめです。

  • アスタリフト 美白クリーム
  • オルビスユーホワイトシリーズ
  • サエル ホワイトニングクリーム コンセントレート

アスタリフト 美白クリーム

(公式サイトより)

  • 価格:5,400円
  • 内容量:30g
  • メーカー:富士フィルム
  • コスパ:〇
  • 参考情報:公式サイトならトライアルセットあり、定期購入10~15%オフ

軽めのテクスチャーが肌全体にスムーズになじみ、うるおいを与えながら美白ケアができるクリームです。

クリームを塗った後のベタベタや重さ、嫌な感じが全くないのに凄くお肌がモチモチになります!

(28歳)引用:@コスメ

効果はまだ感じられません。

引用:Amazon

美白効果も夏中使用した感じでは日焼けらしい日焼けをしなかったことが効果かな
と思います。

引用:楽天

少量でしっかり伸びるので、コスパも悪くないと思います!

(23歳)引用:@コスメ

使い心地が良くて肌が潤います。美白効果はまだ実感出来ません。

(40代)引用:楽天

伸ばしたあとのほのかなダマスクローズの香りに癒されるという声もありました。

注目ポイント

  • 美白有効成分のアルブチンを配合
  • うるおい成分としてつぼくさエキスを使用
  • 独自技術によってナノ化された成分が十分に浸透する

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

オルビスユーホワイトシリーズ

(公式サイトより)

  • 価格:7,838円
  • 内容量:3ステップセット(洗顔・ローション・クリーム)
  • メーカー:オルビス
  • コスパ:◎
  • 参考情報:つめかえ用あり、それぞれ単品購入も可

シミが気になりだした時にはすぐ使いたい、オルビスの美白もエイジングケアも叶えるラインです。

化粧水だけでも良いかなと思いましたが、この保湿液を使うことでさらにスペシャル感がアップします。

引用:公式サイト

朝、化粧水の次に乳液兼日焼け止めとして使用しましたが、私にはイマイチ合いませんでした。

(28歳)引用:@コスメ

良く伸びてしっとり乾燥も気になりませんが、テカリが気になります。

(40代前半)引用:公式サイト

くすみが抜けてキメが整った肌になってきた感じがする。

引用:独自調べ

昼はこのホワイトローションの化粧水だけでも大丈夫じゃないかと思うくらい、肌がしっとり。

引用:独自調べ

原因となるものを溜め込まないための洗顔・保湿を確実にしながら、有効成分を肌に浸透させて美白を目指せます。

注目ポイント

  • アルブチンがメラニン生成をしっかり予防
  • シリーズで使うことで浸透力がアップ
  • ベニバナエキスが肌のうるおいをちょうどよくキープ

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

サエル ホワイトニングクリーム コンセントレート

(公式サイトより)

  • 価格:5,940円
  • 内容量:30gl
  • メーカー:DECENCIA
  • コスパ:〇
  • 参考情報:公式サイトならトライアルセットあり、定期購入割引

肌が本来持っているバリア機能を最大限に引き出しながら、すでに蓄積されたシミの原因にもアプローチできる新感覚美白クリームです。

サエルを使用し始めてからSK2のマジックリングの結果が51%から74%に改善しました!これからもシミケアのために続けます。

(29歳)引用:Yahoo! BEAUTY

塗布後のギトギトベタベタ感は無いのに、保湿力はしっかりあり、ピーンとハリも感じられます。

(47歳)引用:@コスメ

肌表面がサラリするので、乾燥が気になるかな?

引用:独自調べ

黄ぐすみまでケアできた!

引用:独自調べ

ストレスによってバリア機能が低下した肌を立て直し、シミやくすみに働きかけるという、まさに理にかなった美白ケア。スッと肌に浸透して潤い感もいうことなし。

引用:voce

ケアが難しいとされるストレスに起因するシミのメカニズムを研究し、対処できる設計になっています。

注目ポイント

  • ストレスによる肌のダメージを肌の中からケアできる
  • シミの原因となるメラニンを抑制するためのアルブチンを配合
  • 10日間のトライアルセットが1,480円で購入できる

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

どうしてもシミが消えないときは

頑張って美白ケアに取り組んで、シミ対策もバッチリして、食事によるアプローチもしている。それなのにシミが消えない……。そんなときのシミ対策はこれです。

病院やサロンで集中ケア

自分ではどうにもならないシミも、専門的なケアでなんとかなることがあります。

専門的ケアができる場

  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • エステサロン など

かかりつけの皮膚科があるなら、まず皮膚科の先生に相談してみるとよいです。レーザーやケミカルピーリング、光エネルギー照射など、シミの状態に合わせた治療プログラムを提案してもらえることがあります。

一般の皮膚科では限界があることも少なくありません。そんなときには美容皮膚科を受診するとよいでしょう。無料カウンセリングを行なっているところもあります。

美容皮膚科では「シミ治療」というジャンルを確立させて、豊富なメニューを用意していることがあります。

肝斑の場合は、トラネキサム酸やイオン導入なども効果的です。

専門的なシミ取りを行なうことで、現在できているシミの根本を除去することができます。とくに肝斑だった場合には、美白対策だけでは解決しないので専門のクリニックを受診して治療を行なうのが唯一の方法と言っても言い過ぎではありません。

エステでシミやしわ対策のスペシャルケアを受けることもできます。医療機関ではないのでレーザー等は使用できませんが、リラックス効果は抜群で、気分転換にもなって一石二鳥です。

男性のためにはメンズエステがあります。「自分ではできない。面倒」などの理由からあきらめるのではなく、積極的に病院やエステを活用してください。

しっかりシミ対策で憧れの美白肌になろう!

できてしまったものは仕方がないといって放置しておくと、そのシミが悪化してもっと目立つようになるかもしれません。ほかの場所にもシミができてしまうと大変です。

ポイントは、シミ対策をするかどうかです。

さっそくシミ対策のできるアイテムを手に入れて、毎日のケアを変えていきませんか?

加えて、シミの原因を理解することができたので、原因となることをできるだけ避けながら、美白に必要な栄養をしっかり取り入れるように努めましょう。

自分へのご褒美もかねて、定期的なメンテナンスプログラムを組むのもよさそうです。

十分な対策をして、いつまでも美白肌をキープしましょう!


※美白とはメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*