今すぐシミ消し美白がしたい!シミケアポイントと一押し美白アイテムを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上手にシミ消しをしよう!と聞くと、コンシーラーやBBクリームで上手に隠すことをイメージしませんか?もちろん上塗りすることで隠せるのですが、せっかくならシミそのものを撃退してみませんか?そのための秘訣は毎日のケアにありました。少し時間はかかっても、いまからハイドロキノンなどが配合された美白化粧品を使い始めれば、気づいた頃には「ほとんどなくなっている」と声を上げることができます。この記事で、シミケアのポイントともにお役だちアイテムを確認していきましょう!

上手にシミ消しをしよう!と聞くと、コンシーラーやBBクリームで上手に隠すことをイメージしませんか?もちろん上塗りすることで隠せるのですが、せっかくならシミそのものを撃退してみませんか?そのための秘訣は毎日のケアにありました。少し時間はかかっても、いまからハイドロキノンなどが配合された美白化粧品を使い始めれば、気づいた頃には「ほとんどなくなっている」と声を上げることができます。この記事で、シミケアのポイントともにお役だちアイテムを確認していきましょう!

化粧品でしっかりシミ消しするために

コンシーラーやBBクリームを使って上手にシミを隠して出かける……

そんな日々の繰り返しでふと考えることがあります。「このシミ自体を消すことができれば……」と。

そんな思いが頭をよぎるなら、さっそく化粧品でしっかりシミ消しをしてみませんか?シミ消しといっても、「隠す」のではなく「なくす」のです。

この記事では次のような点を順番に見ていきます。

  • シミを消す方法とは
  • シミ消しのポイント
  • シミを消すためのアイテム
  • 毎日心がけたいケアについて

シミ消しの方法は2つ

気になるシミを消す方法は、大きく分けて2つあります。

  1. 美白ケアアイテムを使う
  2. 専門的なケア

美白の集中ケアアイテムでじっくり消す

こんなところにシミが!と思ったら、すぐに病院へ行かなければ……というわけではありません。まず自宅でのケアを考えてみましょう。

しかし前提として、「できてしまったシミを消すのは簡単ではない」ことを意識してください。

ただ「肌がきれいになる」とか「ワントーン明るく」といった化粧品ではなく、シミ消しの効果が確認されている成分を含んでいたり、シミができるメカニズムに対して有効な集中ケアアイテムを手に入れてください。

アイテムの選択を間違わなければ、あとは継続していくことで改善を見込めます。改善に時間がかかるため、少しだけ試して「効果なし」と判断してしまうともったいないです。

皮膚科やエステサロンでシミを消す

基本的に、自宅ケアで改善を期待できるのですが、頑固なシミや肝斑などホルモンバランスの影響によるくすみの場合は限界があります。ステップとしてまず自宅ケアを試みて、それでも難しいものは専門的なケアで撃退しましょう。

受診するとよいのは一般皮膚科、美容皮膚科、エステサロンなどです。皮膚科では医療用レーザーなど医療機器を用いた施術ができますし、エステサロンはピーリングなどに力を入れているかもしれません。

このように、シミを消すためには大きく分けて2つの方法がありますが、まずは時間はかかっても手軽にできる美白アイテムから始めてみるとよいです。

手軽にできるシミ消しスキンケアのポイント

じっくりと、しかし確実にシミを消していくためには、抑えるべきポイントを外さないことが重要です。

自分のシミタイプをチェックする

シミといってもいろいろで、自分のシミに合っていないケアアイテムで一生懸命手入れしていてもなかなか良くなってくれません。

シミの種類

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑
  • そばかす

それぞれに特徴があり、原因も異なります。

老人性色素斑

別名を日光黒子とも言い、たいていは40代以降から日光によく当たる部分を中心にできるシミのことです。比較的濃い褐色が特徴で、周りの肌と比較してはっきりわかる色目になります。これは肌の色素細胞が活性化してメラニンが過剰に作られた結果です。

昨日たくさん太陽の元で過ごしたので今日シミが……というメカニズムではなく、いま出ているシミは過去に受けた紫外線ダメージの影響によります。今日たくさん浴びれば、それは近い将来に出てくる可能性があります。

炎症性色素沈着

こちらもシミの1つで、原因は炎症です。炎症を起こした部分に色素が沈着して、治りが遅いけがの跡のようなシミができます。

同じ場所に物理的な刺激が何度も繰り返されたり、顔をゴシゴシしながら洗顔したり、虫さされやニキビの繰り返しで炎症性色素沈着が起きる場合があります。

肝斑

女性にできるシミです。主にホルモンバランスの乱れが原因と考えられていて、頬骨の上のラインやおでこ、口の周辺など左右対称にできるのが特徴です。

老人性色素斑のように色目がはっきりしているわけではなく、ぼんやりとくすんだ状態になるのも肝斑の特徴です。一般的に30代~40代の女性が経験するシミで、高齢になってから症状が出ることはありません。

そばかすはシミとは別物に思えるのですが、医学的には「雀卵斑」と呼ばれ、肌にできる斑点として扱われています。茶色の小さな点が太陽の当たりやすい部分にできるのが特徴です。

そばかす

そばかすには遺伝が関係していることがあります。肌の色が白い人に多いのが特徴です。それ以外にも、紫外線の影響で悪化するので注意が必要です。

自分に合ったケアをするためにも、まず自分のシミの種類を特定することが大切です。

シミタイプに合った成分のアイテムを選ぶ

シミのタイプを理解したところで、こんどはそれぞれのシミに合った成分を知っておくことが助けになります。

タイプ別に見る効果的な成分

  • 老人性色素斑⇒ビタミンC、トラネキサム酸 など
  • 炎症性色素沈着⇒トラネキサム酸、ビタミンC誘導体 など
  • 肝斑⇒イソフラボン、アルブチン など
  • そばかす⇒ハイドロキノン、ビタミンC など

日光による影響でできる老人性色素斑には、メラニン抑制作用のあるビタミンCが有効です。ほかにも、メラノサイトの働きを抑制してくれるトラネキサム酸を使うことで、シミができにくい肌へと整えていけます。

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸は炎症性色素沈着にも有効です。ほかにも炎症性色素沈着には美白成分のハイドロキノン皮脂の分泌を抑制するトレチノインが助けになります。
肝斑には、女性ホルモンの乱れを改善するためのイソフラボン美白成分のアルブチンが効果的です。イソフラボンは大豆に含まれているので、食事による摂取も欠かせません。

そばかすを撃退するためには、やはりメラニンを抑制するビタミンC、肌の漂白剤といわれることがあるハイドロキノンが有効です。ほかにもリノール酸やプラセンタの継続使用を試みることがあります。

いつものスキンケアにプラスする

シミ消しを考えるとなると、いま使っている化粧品を見直すことになるはずです。「まずは化粧水や美容液」といった具合に、徐々にそろえていくこともできます。

一通り美白のための基礎化粧品が整ったら、いつものスキンケアにプラスするアイテムも加えるようにしましょう。集中美白ケアクリームなどのアイテムをポイントで使うのがコツです。商品によって、朝夜使えるものや夜のみに使うものがあります。

とくに気になるシミにピンポイントで使うことで、より早く効果を実感する助けになります。

シミ消しコンシーラーを活用する

できてしまったシミに対して、シミ消しのできる成分が入ったアイテムで取り組んでいくとはいえ、思うようにはすぐになくなってくれないものです。

そんなときにはコンシーラーを活用しましょう。コンシーラーの役割は「シミを隠すこと」がメインですが、せっかくならシミを隠すだけではなく美白効果のあるコンシーラーを併用すると、日中も美白ケアができて便利です。

隠せて崩れず、美白ができる。この3つがコンシーラー選びのポイントになりそうです。

今あるスキンケアにプラスするおすすめ4選

これまでのスキンケアアイテムに加えたい、おすすめのシミ消しアイテムは次の4つです。

  • ビーグレンQuSomeホワイトエッセンス
  • POLAホワイトショットSXS
  • アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
  • HAKU メラノフォーカス3D

ビーグレンQuSomeホワイトエッセンス

(公式サイトより)

  • 価格:5,400円
  • 内容量:15ml
  • 成分:QuSome化アルブチン(独自成分)
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ
  • 参考情報:トライアルセット(1,944円)あり

紫外線のダメージを肌に残さないためのエッセンスとしてシミを予防し、いまできている肝斑、そばかす、炎症性のシミ、日焼けによるシミにはアルブチンがアプローチします。

左右頬の下のどんよりとした血行の悪い感じのくすみがなくなってきたと感じています。

引用:公式サイト

QuSomeホワイトクリーム(夜専用クリーム)と一緒に使用でシミが薄くなってきているのがわかります。

引用:@コスメ

実感するのに時間がかかる。

引用:独自調べ

トーンアップ程度ならコスパが悪い。

引用:Yahoo! BEAUTY

透明感が出てくすみのない肌になってきたようで、とても秋色が映える気がします。

引用:公式サイト

ビーグレンのホワイトケアシリーズは、毎日の継続使用でリセット力を発揮することを想定しています。

特徴

  • 日中でも使えるアルブチンがうれしい
  • 紫外線のダメージを修復するために4つの美容成分配合
  • しっとりととろみのあるテクスチャーが心地いい

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

POLAホワイトショットSXS

(公式サイトより)

  • 価格:12,960円
  • 内容量:20g
  • 成分:ルシノールとビタミンC誘導体などを複合させたオリジナル成分
  • メーカー:POLA
  • 参考情報:ライン使い可能

長年の美白研究の集大成ともいえる逸品で、ルシノールとビタミンC誘導体など、単体で美白に有効な成分を複合させたオリジナル美容成分を採用しています。

つけたのを忘れるくらい肌なじみがよい。瞬時にシミの元に届くような気がする。

引用:独自調べ

目の下に塗っているのですが、日中の乾燥があまり気にならなかったのも良かったです。

引用:公式サイト

塗った瞬間にパッと顔色が明るくなっだ感じです。

引用:@コスメ

1ヶ月連続使用したけど、あまり効果が分からないまま、もうすぐ無くなりそう。

引用:独自調べ

まだ使用してから日が浅いので分かりません。

引用:公式サイト

高い気密性があるため、肌に密着したまま長時間キープ、肌を保護してくれます。なかには効果を実感するのに時間がかかる人もいるようですね。

特徴

  • 美容成分が確実にメラノサイトに届く設計
  • 独自成分「m-Aクリアエキス」の威力を十分に味わえる
  • ホワイト膜が形成されることで肌がサラサラ

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

(公式サイトより)

  • 価格:10,800円
  • 内容量:11ml
  • 成分:新安定型ハイドロキノン
  • メーカー:ハイサイド・コーポレーション
  • 参考情報:ライン使い可能

高濃度で新安定型ハイドロキノンが配合されているので、気になるシミのスポットケアで使いたい1本です。夜の集中ケアに向いています。

1番大きかった(1センチ強)のシミが薄くなり、薄く大きかったシミは輪郭がぼやけてきました!

引用:Yahoo! BEAUTY

私の場合、大きなシミはなく、ソバカスが気になっているので、塗るのが大変です。

引用:@コスメ

頑固なシミが薄くなり、コンシーラー使わなくても気にならなくなりました。大満足です♪

引用:Amazon

効く効かないは個人差があるのでわかりませんが、特に皮膚トラブルもないのでしばらく使う予定です。

引用:楽天

前は、綺麗にお化粧しても、ハッキリと見えていたシミが、最近は目立たなくなりました。

引用:公式サイト

まるで寝ている間にバンソコウを貼って傷を治すように、気になるシミをじっくりとケアしていきます。

特徴

  • マイクロカプセル化されたハイドロキノンが肌に長時間作用
  • 効果は高く、肌への負担は少なくなっている
  • 紫根エキスがターンオーバーを促進して健康な肌を生み出す

>>詳細ページはこちら
>>公式サイトはこちら

HAKU メラノフォーカス3D

(Amazonより)

  • 価格:10,800円
  • 内容量:45g
  • 成分:4MSK、m-トラネキサム酸
  • メーカー:資生堂
  • 参考情報:公式サイトからサンプル申し込みができる

シミができる連鎖を抑えることで、いまのシミの悪化を防ぐとともに、新たなシミを作らないための美容液です。

2本リピートしましたが、これといった大きなシミができることはなく、今あるシミも広がることもありませんでした。

引用:Amazon

2ヶ月経ちましたが明らかに肌の色がトーンアップしました。

引用:@コスメ

サンプルで使用した際、しっとり感となんとなく肌が白くなった気がして思いきって購入しました。

引用:楽天

油分が自分には合わなかったようで吹き出物が…

引用:@コスメ

ニキビ跡がなんとなく薄くなったみたい。

引用:独自調べ

美白成分を肌に届けるのはもちろんのこと、乾燥や肌荒れ対策もバッチリできます。

特徴

  • メラニンが生成される道をシャットアウト
  • 2つの美白成分を絶妙に組み合わせた技術力の高さ(抗メラノ体)
  • トルメンチラ、イチヤクソウのエキスとグリセリンのコラボで肌を整える

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

シミ対策におすすめメイクアイテム2選

上手なシミ対策ができると評判のメイクアイテムが2つあります。

  • アンプルールラグジュアリーホワイトコンシーラーHQ
  • サエルホワイトCCクリームクリアリスト

アンプルールラグジュアリーホワイトコンシーラーHQ

(公式サイトより)

  • 価格:4,968円
  • 内容量:7g
  • 成分:新安定型ハイドロキノン
  • メーカー:ハイサイド・コーポレーション
  • 参考情報:SPF50+/PA++++

気になるシミを消す+日中にも集中ケアをする。これら2つを可能にするのがこのコンシーラーHQです。サッとひと塗りでOK。

もう少し暗めのカラーがあれば良かったと思います。

引用:公式サイト

日焼け止め効果があるのも気に入ってます。

引用:楽天

色はやや明るめ、テクスチャは少し固め(重め)でカバー力もしっかりあります。ですが厚塗り感もなく使えるのでコンシーラーとしても申し分ないです。

引用:@コスメ

シミがかなり薄くなっていました!他にホワイトニングコスメを使っていないので確実にコンシーラーのおかげです。

引用:公式サイト

もう少し色番があればいいかと思います。

引用:@コスメ

UVカットまでできるので、シミ対策の早い段階からケアアイテムのラインナップに加えておくとよさそうです。

特徴

  • アンプルール自慢の新安定型ハイドロキノンで美白
  • ビタミンC誘導体、シコンエキスも配合の贅沢仕様
  • 浸透型コラーゲンやヒアルロン酸で保湿もしっかりできる

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

サエルホワイトCCクリームコンセントレート

(公式サイトより)

  • 価格:4,860円
  • 内容量:25g
  • 成分:エクトイン
  • メーカー:ディセンシア
  • 参考情報:公式サイトの定期購入で10%割引

紫外線を含む環境ストレスの影響を受けて刺激される肌を守ります。小さめの真珠1粒程度を手に取って、顔の内側から外側に向かってなじませるだけで、1日中キープできます。

SPF50と高めで紫外線予防もバッチリなのに白浮きせず

引用:@コスメ

よれることなく長時間キープしてくれるので化粧直しいらずで嬉しいです。

引用:monipla.jp

付けすぎると白くなるかも?

引用:@コスメ

超乾燥肌ですが、このCCクリームをつけているとしっとり。

引用:独自調べ

ちょっと早めになくなるかな…

引用:独自調べ

ファンデーションがいらないほどのカバー力で驚いた!という人もたくさんいました。

特徴

  • 肌内部の炎症や刺激を抑制するためのモモ葉エキス
  • ストレスによって損なわれた肌のバリア機能を回復
  • ストレスによって起こるシミのメカニズムに注目して開発

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

これ以上シミを作らないためにできること

いまあるシミをケアすることも大切ですが、新たなシミを作らないための対策も大切です。

肌にダメージを与えない

これまでのことは別として、これからは肌にダメージを与えないよう意識しましょう。

肌にダメージを与える行為とは

  • 無防備で紫外線を浴びる
  • 肌の乾燥をそのままにする
  • ニキビをつぶす
  • 傷を作る
  • 強く擦る など

基本的に肌へダメージを与える行為はすべてシミにつながることを意識して生活します。

外出するときは年中紫外線対策をする、洗顔後はすぐに保湿する、ニキビは自分でつぶさず薬を塗る、顔はゴシゴシこすらず、やさしくたっぷりの泡で洗うなど、「これでもか」というくらい徹底してください。

シミ消し効果を内側から後押し

これ以上シミを作らないための努力は、肌の表面へのアプローチだけではありません。体の内側からのケアを開始しましょう。

体の内側からのケア方法

  1. 食材を意識する
  2. 必要な栄養素をサプリで補給する
  3. 肌に良くないものの摂取を控える

健康を維持するためにバランスの取れた食生活は欠かせませんが、健康な肌を生成するためにも欠かせない栄養素があります。

とりわけビタミンC、 β-カロチン、セラミド、リコピンは天然の美白成分とも呼べるもので、毎日の食事にこれらの栄養素が含まれているかどうかチェックしてみるとよさそうです。

いくら意識をしていても、ついつい忙しかったり面倒になったりしてバランスの取れた食事ができない……そんなときには潔くサプリの助けを借りるのがよいでしょう。ビタミンC、 β-カロチン、セラミド、リコピンを豊富に含むサプリや、肌のターンオーバーを促す成分を含むサプリ、美白サプリと呼ばれるジャンルのものなど選択肢がいろいろあります。

甘いものが大好き、コーヒーを1日に何杯も飲む、お酒を飲み過ぎることがよくある。そんな人は要注意です。過剰なカフェイン、糖分、アルコールの摂取は肌の大敵です。乾燥、色素沈着、しわやたるみの原因になり得ます。適量にコントロールすることを目指しましょう。

化粧水がなくなったら美白化粧水にする、美容液がなくなったら美白系の物に切り替えるといった具合です。

美白スキンケアに切り替える

いまの基礎化粧品がなくなり次第でもよいので、ラインを「美白」に焦点を合わせて統一するとよいかもしれません。

おすすめしたいのはシリーズ使いです。たいていは、同シリーズで使うとより効果が出る設計になっているので、お気に入りのメーカーが決まったら、そのメーカーの同シリーズでそろえてみるとよいです。

美白スキンケアに切り替えることで、これ以上シミを作らないための防備を固めましょう。

シミケアは毎日の継続から

最後に、精神論ではありませんが「継続することが力になる」という点を忘れないようにします。この場合の力とは、シミを消すという力、透き通る素肌という結果です

焦ってしまうのは自然なことですが、早合点してやめてしまうと、いまあるシミを解消できず、これからもシミができる危険と隣り合わせになってしまいます。

現実的に考えると、シミは肌の奥で作られるので完全に消すには時間がかかります。しかし、「時間がかかっている=何も変化していない」というわけではありません。

続けていくことで変化がありますし、肌サイクルによって代謝されるまで気長にケアを行う事が大事です。常に美白を心がける事で、より効果を実感できるわけです。

たしかにケアを継続していくためには、根気と時間だけではなくお金も関係してきます。コスパなどを見ながら、長く継続できるケアを行う事も重要なポイントです。

かなり無理をして1本のアイテムを手に入れて2本目はあきらめてしまうより、継続を視野に入れて十分に満足できそうな1本を手に入れて続けることに価値があります。
シミのケアの基本は継続です。

毎日ケアでシミとサヨナラしよう!

毎日シミを隠す努力をするよりも、毎日ケアしながらどんどんシミを薄くしていき、やがてサヨナラするほうがいいと思いませんか?

シミ消しに有効な成分が入っているケアアイテムを使うことで、いま表面に出ているシミ対策ができるだけではなく、新たなシミ予備軍を撃退し、メラニン生成の連鎖をしっかり断ち切ることができます。

今日始めても明日劇的に変化するわけではありませんが、今日始めれば近いうちにサヨナラできます

さっそくシミ消し美白アイテムを手に入れて、コツコツ継続していきましょう!

※美白とはメラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐことです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*